皮膚のできもの

2017.05.29

粉瘤(アテローマ)

毛穴の奥に皮膚でできた小さな袋が作られ、そこに老廃物や皮脂が溜まった腫瘍です。化膿や炎症を起こすこともあり、大きくなってしまうと治療した跡が残ってしまう可能性が高いため、早めの治療をおすすめしています。

症状について(できやすい部位)

毛穴がある場所でしたらどこにでもできる可能性はありますが、できやすいのは背中、耳とその周辺、そして鼠径部です。

治療について

炎症がない場合には、そのまま切除可能です。化膿や炎症が見られる場合には、いったんそれを抑える治療を行った後に粉瘤を切除します。切除手術は外来で受けられます。
根治には、皮膚にできた袋全体をそっくり取り除く専門的な手術が必要です。

関連クリニックの紹介

あおば眼科西新井駅クリニック西新井駅 西口徒歩1分

ひろい耳鼻咽喉科クリニック梅島駅 徒歩2分

あおば眼科クリニック梅島駅 徒歩3分

あおば内科・総合診療クリニック梅島駅 徒歩3分

くどう泌尿器科腎クリニック梅島駅 徒歩2分