長引きやすい疾患

2017.05.18

乾癬(かんせん)

ほとんどの方が尋常性乾癬です。境界がはっきりした盛り上がりの紅斑は、銀白色の皮膚の粉(鱗屑)を伴い、全身に生じます。紅斑は、大きさ、数、形がさまざまで、痒みを伴うのは約半数ほどになります。
関節症性乾癬では爪の変形や関節痛が現れるケースがあり、乾癬性紅皮症では全身に発疹し、汎発性膿疱性乾癬では全身に小さな膿疱が多発します。また扁桃炎になって生じる滴状乾癬もあります。

できやすい年齢

幅広い年齢層に発症しますが、比較的青年期、壮年期に多い傾向があります。

部位

発症がよく見らえるのは、頭部、肘・膝、臀部、下腿など、慢性的な刺激や機械的な刺激を受けやすい部位です。

症状について

大きさ、数、形がさまざまで、全身に出る場合もあれば、限られた場所にできる場合もあります。いくつかの発疹が癒合して大きくなることもあります。

治療について

完治は難しい病気ですので、発疹が起きていない寛解状態を目指す治療を行います。再発もあるため、適切なコントロールを長く続けていきましょう。
外用療法、紫外線療法、内服療法、生物学的製剤を用いた治療などを組み合わせた治療を行います。外用療法ではステロイドや活性型ビタミンD3軟膏などを用い、内服療法では免疫抑制剤などを使用します。

関連クリニックの紹介

あおば眼科西新井駅クリニック西新井駅 西口徒歩1分

ひろい耳鼻咽喉科クリニック梅島駅 徒歩2分

あおば眼科クリニック梅島駅 徒歩3分

あおば内科・総合診療クリニック梅島駅 徒歩3分

くどう泌尿器科腎クリニック梅島駅 徒歩2分