皮膚科

皮膚科の診療内容

皮膚感染症

とびひ(伝染症膿痂疹:のうかしん)

とびひは細菌感染によって起こり、人から人にうつります。また、痒いからと掻いてしまうと、その手を介して身体の他の部分にも広がっていきます。アトピー性皮膚炎の方は皮膚のバリア機能が低下しているだけでなく、皮膚に細かい傷が多いので、とてもうつりやすくなっています。

・治療について

原因菌を退治する抗菌薬を使って治療します。痒みや炎症が強い場合には、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬、亜鉛華軟膏を用いる場合もあります。

皮膚アレルギー

蕁麻疹(じんましん)

少しだけ盛り上がったミミズ腫れができて、強い痒み、チクチクイガイガした痛み、焼けつくような熱感のある痛みなどが起こります。4週間以内で治るものは急性蕁麻疹、それ以上の期間に渡って発症するものは慢性蕁麻疹と呼ばれています。

・原因について

慢性蕁麻疹は特定できない場合がほとんどです。急性蕁麻疹では、食べ物、内服薬、細菌やウイルスの感染が関係していることがあるため、血液検査を行います。

・治療について

抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤などを数日間内服すると、ほとんどの場合症状が治まっていきます。治療を受ける前に掻いて傷ができている場合には、ステロイド外用薬を併用します。症状が軽減してからも医師の指示を守ってきちんと服薬しましょう。

主婦湿疹

手の皮脂や角質が落ちて皮膚のバリア機能が弱まり、物理的な刺激に皮膚が過剰に反応しやすくなったり、刺激物が侵入しやすくなって起こる湿疹です。アレルギー体質の方に生じやすいとされています。水仕事は手の皮脂や角質が落ちやすいので、日常的にそうしたお仕事をされている美容師や理容師、飲食業、そして主婦の方は再発しやすいのでご注意ください。

・治療について

薬物療法を行いますが、生活改善も重要です。軽症の場合、保湿剤だけで改善が望めますが、そうでない場合にはステロイド外用剤も併用します。生活改善では、水仕事では木綿の手袋をした上にゴム手袋をして、温めのお湯を使います。手に水がついたら丁寧に水分を取ってからたっぷりハンドクリームを塗り、就寝時や乾燥時、家事などを行う際にも木綿の手袋をするようにします。また、石鹸やハンドソープ、ボディソープ、シャンプーなどを低刺激性のものに変えてください。

皮膚疾患

帯状疱疹

水痘・帯状疱疹ウイルスの感染経験があると、発症する可能性がある病気です。ただし、治ってからも体のどこかに隠れていたウイルスが引き起こすため、感染してからかなり長期間を経たのちに発症する場合が多くなっています。症状があったらすぐに受診して適切な治療を受けることで、長く痛みに悩まされる症状を残さずに治せる可能性が高まります。

・症状について

神経痛のようにピリピリとした痛みを伴う小水疱が帯状に生じる病気ですが、一定の神経支配領域に現れるという特徴を持っています。長い間痛みが残る帯状疱疹後神経痛が起こる場合もあります。発症する部位は頭部から下肢までと幅広く、片側だけに現れます。顔の帯状疱疹では、顔面神経麻痺、難聴・めまい・耳鳴りなどが起こる内耳障害が現れることがあります。

・治療について

十分に休息して安静を保ち、抗ウイルス薬を使用します。疼痛がある場合には対症療法として鎮痛剤投与を行います。しつこい痛みが残る帯状疱疹後神経痛には複数の鎮痛剤を用いたコンビネーション治療や麻酔科によるペインコントロールが可能です。
なお、症状が重い場合や合併症の可能性が高いケースでは、入院加療をおすすめしています。
現在、50歳以上の方には、ワクチンによる予防が可能です。

老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)

皮膚の良性腫瘍の一種です。皮膚の老化現象の一つですが、若い人にも発症する可能性があります。症状としては、顔や頭、全身にできるいぼやほくろのような見た目でざらざらしたできものです。放置しておくと、大きくなることもあります。日光を浴びやすい顔にできやすいです。治療は冷凍凝固が第一選択となります。

ニキビ

皮脂の過剰な分泌と毛穴の詰まりによってニキビ菌が増殖して、症状を悪化させます。

・原因について

大人のニキビは、さまざまな要因が複雑に絡み合って起こっています。ストレスや生活環境、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足、紫外線などはニキビリスクを高める要因です。

・治療について

外用薬、内服薬、そして理学療法から最適なメニューを組み合わせて治療を行います。ニキビのタイプや症状、ライフスタイルなどに合わせた治療を行うことで、効果的に治していきます。また、ニキビ跡が残らないよう、さまざまなケアについてもご提案しています。

イボ

ヒトパピローマウイルスの感染によって発症する腫瘤であり、尋常性疣贅とも呼ばれます。人同士でもうつるので注意が必要です。

・いぼの注意点

自分で取ろうとしてウイルス感染を広範囲に広げてしまうことがよくあります。また、とてもまれとはいえ悪性のものもありますので、必ず皮膚科に相談してください。

・水イボ

伝染性軟属腫ウイルスによる皮膚感染症です。皮膚のバリア機能が低下しているアトピー性皮膚炎や乾燥肌の方がかかりやすい病気です。痒みが伴わない場合があり、子どもに多い傾向を持っています。
【原因と感染について】
皮膚が直接接触したり、皮膚に接触するものを共有することで感染するケースがほとんどです。子どもの場合、プールでうつることがよくありますが、これは水ではなく、触れたり、浮き輪やビート板の共有などによって感染することが原因になっていると思われます。

・首、ワキのイボ

首やワキなど、皮膚が薄い部分に良性のイボができる場合があります。年齢を重ねるとできやすく、肌への刺激も要因のひとつとされています。冷凍凝固による治療の対象となります。

EL:03-3889-7404 午前 9:30-12:30 午後 15:00-18:30

関連クリニックの紹介

あおば眼科西新井駅クリニック西新井駅 西口徒歩1分

ひろい耳鼻咽喉科クリニック梅島駅 徒歩2分

あおば眼科クリニック梅島駅 徒歩3分

あおば内科・総合診療クリニック梅島駅 徒歩3分

くどう泌尿器科腎クリニック梅島駅 徒歩2分